大光銀と第四銀、スマホで電気料金などの支払いOK

2018/11/20 22:00
保存
共有
印刷
その他

大光銀行と第四銀行はスマートフォン(スマホ)のアプリを使って電気料金などを決済できるサービスへの対応を相次いで始めた。両行の普通預金口座から電子マネーを入金し、東北電力などが送付する払込票のバーコードを読み取って料金を支払う。

ウェルネット(東京・千代田)が提供するアプリ「支払秘書」を活用する。銀行口座からの入金はメンテナンス時を除いて24時間365日対応する。アプリをダウンロードして口座を登録すれば、スマホの操作だけですぐに料金を支払える利点がある。サービス利用には口座のキャッシュカードを発行していることも条件になる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]