2019年1月20日(日)

司法取引2例目 ゴーン氏摘発、外国人執行役員ら協力

ゴーン退場
2018/11/21 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の逮捕には、同社の外国人の専務執行役員(54)らが捜査に協力する見返りに、刑事処分を減免する「司法取引」が適用された。2018年6月施行後2例目となった。

【関連記事】ゴーン会長不正、側近2人が実行役 家族旅行にも経費

「ゴーン会長が海外子会社に自宅を購入させている」。ゴーン会長の不正行為の解明の突破口となったのは半年程前、日産社内から寄せられた内部通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報