日本酒を提案 美食に添えて 福井の酒乃店はやし、アジアでイベント

2018/11/20 20:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

酒販店の酒乃店はやし(福井県越前市)は酒蔵や海外のレストランと連携して輸出を拡大させる。ワインのようにソムリエが料理との相性を考えて提供し、付加価値を打ち出す。温度の変化による劣化を防ぐため、最終消費者まで品質管理を徹底する体制の構築も目指す。アジアを中心にイベントを重ね、まずは輸出額で1億円程度の実績を達成したい考えだ。

10月14日、シンガポールのリゾートホテル「マリーナベイ・サンズ」で立食…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]