2018年12月10日(月)

昆虫モチーフの服、一家で 香川照之氏の新会社が発売

スタートアップ
サービス・食品
2018/11/20 19:55
保存
共有
印刷
その他

俳優の香川照之氏が社長を務めるアランチヲネ(東京・港)は20日、昆虫のイラストを使った衣類をインターネット通販で発売したと発表した。カマキリやホタルなど9種類の昆虫のモチーフをあしらった。家族でおそろいで着られるように、子ども服だけでなく大人向けも用意した。

【関連記事】香川照之さんが起業 昆虫柄の服、着ようぜ

20日からインターネットで予約の受け付けを始めた。昆虫のイラストの刺しゅうが入ったシャツやニット、パーカー、ウインドブレーカーを販売する。クワガタのワンポイントが入ったパーカーはフードにアゴを模したツノをつけるなど、昆虫の知識を盛り込んだデザインにした。価格は子供用のシャツが税別3280円、大人用のシャツはメンズとレディースで同4280円。税別で5000円以下に抑えた。12月中にセレクトショップなどでも扱う予定という。

香川氏は同日開いた発表会でアパレル事業を立ち上げた狙いについて、「子供と大人が昆虫を通じて楽しみ学ぶ『服育』を実現したい」と説明した。アパレル業界では売れ残った大量の商品の廃棄や焼却が問題となっており、季節や流行に左右されないデザインの商品を中心にした。収益の一部は自然保護団体に寄付するという。

香川氏は今年8月にアランチヲネを設立、10月から営業を始めた。温暖化や開発など環境変化が昆虫の生態に影響を及ぼしていることに触れ、「地球に対して感じていることを持続的にするために起業を決めた」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報