/

太陽光発電などをAI制御 長野の企業が新システム

太陽光発電設備施工のネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)は20日、人工知能(AI)で電気の出力を制御するリチウムイオン蓄電システムを発売した。AIが家庭の太陽光発電量や電気使用状況などを予測し、蓄電池を充放電する。太陽光発電を自家消費する家庭の需要を狙う。

同社が2017年に発売したリチウムイオン蓄電システムに、AI技術のグリッドシェアジャパン(東京・港)が提供するサービスを付けた。希望小売価格は税抜きで285万円。

AIは翌日の天気によって太陽光で発電できる量を予測し、前日の夜間のうちに電力会社の商用電源から充電する量を決める。曜日や時間ごとの家庭の電気使用量も学習して充放電し、太陽光と商用電源を組み合わせて電気料金の削減を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン