2019年1月16日(水)

太陽光発電などをAI制御 長野の企業が新システム

環境エネ・素材
北関東・信越
2018/11/20 22:00
保存
共有
印刷
その他

太陽光発電設備施工のネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)は20日、人工知能(AI)で電気の出力を制御するリチウムイオン蓄電システムを発売した。AIが家庭の太陽光発電量や電気使用状況などを予測し、蓄電池を充放電する。太陽光発電を自家消費する家庭の需要を狙う。

同社が2017年に発売したリチウムイオン蓄電システムに、AI技術のグリッドシェアジャパン(東京・港)が提供するサービスを付けた。希望小売価格は税抜きで285万円。

AIは翌日の天気によって太陽光で発電できる量を予測し、前日の夜間のうちに電力会社の商用電源から充電する量を決める。曜日や時間ごとの家庭の電気使用量も学習して充放電し、太陽光と商用電源を組み合わせて電気料金の削減を目指す。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報