5G導入前夜 電子部品育つ(京都経済特集)
ローム、熱に強い新素材 村田製作所、薄型端末に対応

2018/11/21 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

速度が現行の約100倍といわれる次世代通信「5G」の実用化に向けて市場が動き出した。通信速度は毎秒10ギガ(ギガは10億)ビットで、超高画質動画の配信や自動運転、あらゆるものがインターネットにつながるIoT、遠隔医療などの基盤になるとされる。大量のデータ処理が必要な5Gを支えるのは、京都企業が得意とし、世界的にもシェアが高い電子部品だ。

「5G関連は(2018年)下期から増え始め、21年にはかな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]