/

この記事は会員限定です

会計ソフトのフリー、マイノリティーの活躍応援

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川)は、性的少数者(LGBT)や障害者といったマイノリティー(少数者)が働きやすい環境づくりを進めている。「ダイバーシティ推進室」を設置したほか、同性パートナーも対象にした育児休暇制度や住宅手当を設けた。当事者の心理的な負担を和らげることで、多様な人材の獲得と活躍につなげる。

「好意的な声が多くて本当に驚いた」。英国人のローラ・ウェイクフィールドさん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン