2019年1月19日(土)

5G、低遅延の破壊力 変わる建設・医療・物流
5Gの新世界(3)

ネット・IT
ヘルスケア
住建・不動産
コラム(テクノロジー)
AI
モバイル・5G
2018/12/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代通信規格「5G(第5世代)」を使う大きなメリットは、4Gよりも高精細で遅延の少ない映像を配信できる点だ。この特徴を生かし、建設機械や医療機器を遠隔操作しようとする取り組みが広がっている。人手不足や高齢化に直面する日本社会の課題解決につながる可能性を秘める。

■KDDIと大林組、建機を遠隔操作

KDDIは2018年2月に大林組やNECと共同で建機を遠隔操作する実証実験に取り組んだ。パワーショベ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

シリーズ「5Gの新世界」

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報