日本ラグビー勝利への扉

フォローする

ラグビー日本、前後半でなぜ「別人」に イングランド戦
15-35と完敗

(1/2ページ)
2018/11/21 6:30
保存
共有
印刷
その他

ラグビー日本代表は17日のイングランドとのテストマッチで15-35と完敗した。得点経過やデータだけを見ると、前半と後半の日本はまるで違うチームだったかのようにも思えてくる。

前半は15-10と日本のリードで折り返した。イングランドのエディー・ジョーンズ監督によると、この時点での日本のボール保持率は80%、地域支配率は65%。内容ではスコア以上に日本の優勢だった。

「それが後半は逆になったのではないか」とジョーンズ監督。日本は相手にボールを保持される時間が長くなり、得点でも0-25と圧倒された。ハーフタイムを挟み、これほど内容が変わる試合も珍しい。

前半の日本は速い球出しから攻撃をテンポアップした=共同

前半の日本は速い球出しから攻撃をテンポアップした=共同

前半の優勢は、日本の課題の克服からもたらされた。3日のニュージーランド(NZ)戦で完敗した理由が、タックル後の密集戦における劣勢だった。NZの反則ぎりぎりのプレーで日本の球出しは遅らされ、ボールを奪い返されるシーンも多発した。

密集戦では、ボールに絡む相手の排除と、ボールの上に自分の体をかぶせて守るプレーの両方が求められる。今回、日本が注力したのは前者だった。

「ボールをプロテクトするのではなく、ラック(密集)ができるまでに相手を排除することを意識した」とプロップ稲垣啓太。接近する相手を先に捕まえて2~3メートル押し込んだ結果、ボールをスムーズに確保することができた。

ボールを持った選手が相手に当たる前から、味方がその背中を押し込む形も多く見られた。こちらもNZ戦後に稲垣が修正案の一つとして話していた。選手主導の改善も奏功し、前半の日本は速い球出しから攻撃をテンポアップ。2トライと5点のリードを奪った。

反則が招いた後半の劣勢

では、イングランド後半の劣勢の原因は何だったか。「反則で流れが変わった」とリーチ・マイケル主将。多くの選手もこの見方に同調する。

日本の反則数は前半が1つ。極めて規律正しく戦えていたのに、後半の反則は9つまで増えた。そのうち2つは密集戦でボールに絡む相手をはがした後、後方まで押し込みすぎたというものだった。

日本の反則数は前半1つだったが、後半は9つまで増えた=ロイター

日本の反則数は前半1つだったが、後半は9つまで増えた=ロイター

これは前半優勢の理由の副作用ともいえるものだった。「ラックに参加していない選手まで排除してしまった」と稲垣は言う。相手を排除する意識が強すぎて、不必要な場所にまで押したと判定された。

確かにやや過剰なプレーもあったが、前半の判定基準のままなら反則とされていたかどうか。「前後半でレフェリングが変わった」と多くの選手が振り返る。この日のウィリアムズ主審の判定は、確かに一貫性に欠ける場面があった。

スクラムもその一つ。主審が前半から再三、両軍に注意していたのが、組む前に相手をつかみ、体重をかけるプレーだった。後半最初のスクラム、イングランドは立ち合いの前から重圧をかけた。しかし、注意するはずの主審は見逃し。スクラムは崩れ、日本の反則を取られた。

日本が蹴った後、キッカーより前にいた選手がプレーしたとしてオフサイドも取られた。確かに厳密には反則だが、前半は同程度のプレーは寛大に見逃していたのだが。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

「ラグビーとビジネス」フォーラム

電子版トップスポーツトップ

日本ラグビー勝利への扉 一覧

フォローする
日本代表は過去2回のW杯で7勝をあげている(2019年W杯アイルランド戦)

 日本がラグビーの強豪国「ティア1」の仲間入りを果たす見通しになった。国際統括団体ワールドラグビー(WR)の会長に再選されたビル・ボーモント氏が日本ラグビー協会側に意向を伝えた。日本代表の躍進を背景に …続き (5/5)

W杯8強進出には「世界一の練習量」による肉体強化があった

 昨年のワールドカップ(W杯)で初の8強に進出したラグビー日本代表の土台にあったのが、計画的な体づくりだった。「世界一の練習量」による肉体強化が、強豪国を幻惑する速いテンポの試合運びに結実した。本番中 …続き (2/29)

W杯日本大会で8強入りで盛り上がったラグビー界。次のステップはプロ化を含めた新リーグ設立だ

 昨年のワールドカップ(W杯)日本大会で盛り上がったラグビー界。次のステップとして議論されてきたのが「プロ化構想」である。社会人のトップリーグ(TL)を改革する計画で、2021年に新リーグをつくる方針 …続き (1/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]