/

この記事は会員限定です

日本企業への恩恵52兆円 海外の稼ぎ還流しにくく

ゆるみとゆがみ 33年ぶりドル高の波紋(上)

[有料会員限定]

円安・ドル高は輸出企業の収益を高め、株高を演出し、日本経済を潤すとされてきた。だが日本は貿易立国とは言い難い姿に変わりつつあり、円安の恩恵にもゆがみがある。1強と呼ばれる好調な米経済を背景にドルは33年ぶりの高値をつけ、円は歴史的にみて安い水準を維持しているが、円安=日本経済の底上げという単純な図式ではなくなりつつある。

2013~17年度の5年間で合計52兆円――。13年度以降の円安で日本企業の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン