はじめての獲物 服部文祥

エッセー
2018/11/24 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

チームとしてはほぼ毎週のように獲物が獲れた。だが初年度、私のタツマ(待ち伏せ場所)にケモノが追い出されてくることはなかった。

体力以外狩猟者としてはからきしの私は、一番遠いタツマに急ぎ、獲物が獲れたら急いで下山して、獲物を下ろす、の繰り返しだった。

私の最終目的は単独猟で獲物を仕留め、独りで解体し、独りで下ろして、正しい肉の味を知ることである。先輩たちにもそれは告げてあり、巻き狩りの前後に、周辺…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]