/

日産役員、官房長官に経緯説明

菅義偉官房長官は20日、首相官邸で日産自動車の川口均専務執行役員と会談し、同社会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕された経緯について説明を受けた。川口氏は「お騒がせして申し訳ない」と陳謝したという。

川口氏は会談後、記者団に「コンプライアンス(法令順守)の徹底、自浄作用をしっかり出していく」と述べた。日産と仏ルノー、三菱自動車の3社連合について「アライアンスの将来にプラスに働くように進めていく。菅長官にサポートしていただけるという理解でいる」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン