/

この記事は会員限定です

「有事のドル買い」失速も 米利上げ観測後退で

経済部 小野由香子

[有料会員限定]

ドル円相場を支えてきた「リスク回避のドル買い」が失速するとの見方が浮上してきた。米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが鈍化するとの観測が強まり、ドルは対円でこの1週間で2円近く下落。市場では、ユーロやスイスフランなど主要通貨に対して、金利差拡大を期待したドル買いが起こりにくくなるとの声が聞かれる。

20日の東京外国為替市場で円は1ドル=112円台半ばと前日比ほぼ横ばいだが、1ドル=114円台を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り605文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン