/

この記事は会員限定です

ルノー、経営刷新を検討 ナンバー2ボロレ氏後継軸に

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】フランス自動車大手ルノーが経営体制刷新の検討に入った。最高経営責任者(CEO)兼会長を務めるカルロス・ゴーン容疑者の逮捕でトップ不在となり、2022年までに販売台数を3割以上伸ばす野心的な成長戦略に暗雲が垂れ込めている。日産自動車との経営統合を求める仏政府の声はゴーンCEOが押しとどめてきたが、今後仏政府との力関係が変化する可能性もある。

「取締役会をなるべく早く開く」。19日、連合を組む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン