2018年12月10日(月)

多国間の政策協調、危機 APEC首脳宣言断念

トランプ政権
経済
政治
2018/11/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ポートモレスビー=辻隆史】日米中など21カ国・地域が参加したアジア太平洋経済協力会議(APEC)は、首脳宣言の採択を断念する異例の事態になった。保護主義に対抗するという自由貿易の共通理念すら打ち出せなかった。「米国第一主義」を掲げ2017年1月に大統領に就いたトランプ氏の攻勢で、多国間の政策協調は崖っぷちに追い詰められた。貿易にとどまらず、デジタル経済や環境などをめぐる世界の新たなルール作りは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報