/

この記事は会員限定です

ゴーン会長解任へ 西川社長「長期統治、負の側面」

(更新) [有料会員限定]

日産自動車は19日夜、カルロス・ゴーン会長らが東京地検特捜部に逮捕されたことを受け、西川広人社長が横浜市内の本社で記者会見を開いた。日産は同日、ゴーン氏の日産会長と代表取締役の解任を取締役会に提案すると発表した。

西川社長の主な発言や質疑応答は次の通り。

ルノーと日産のCEO兼務が転機

「夜遅くの時間かつ、質問をもらってもなかなか答えられず大変申し訳ない。事案の性格上こういう形の会見になったことをお許しいただきたい」

「(不正が明らかになっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2674文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン