/

エボラニ、LINE系などから7000万円調達

システム開発のエボラニ(東京・渋谷)は19日、LINEベンチャーズなどから約7000万円の資金を調達したと発表した。対話アプリ内でのアプリのように利用できる「ミニアプリ」と呼ばれる機能の開発を手掛けている。今後、LINEのサービス向上などの分野で業務提携を進めたい考えだ。

LINEベンチャーズや個人投資家らを引受先にした第三者割当増資を実施した。エボラニは2018年3月に創業したスタートアップで、これまで200前後の大学・専門学校にミニアプリのシステムの提供を決めている。

LINEは対話アプリと外部のシステム連携するための技術仕様を公開し、人工知能(AI)で自動応答する「ボット」やスマートフォン決済「LINEペイ」を組み込んだサービスが増えている。エボラニは調達した資金をミニアプリ関連システム開発費に充てる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン