/

この記事は会員限定です

学情、就活ルール混迷に見いだす商機

大阪経済部 荒尾智洋

[有料会員限定]

就職活動ルールの見直しが注目を集める中、これを商機ととらえるのが就職情報サービスの学情だ。同社は合同就職セミナー「就職博」などのイベントや20代専門の転職情報サイト「Re就活」を運営し、売り手市場の中で業績を伸ばしてきた。ルール見直しで就活時期が流動化すれば採用競争が一段と激しくなり、新卒に加え転職希望者への採用ニーズが一段と高まる可能性がある。

「中堅企業やBtoB(企業間取引)企業の利用が拡大する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン