埼玉県深谷市、廃校敷地「マイナス入札」へ

2018/11/19 16:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉県深谷市が市有財産の売却で珍しい手法を導入し、注目を集めている。廃校となった小学校の体育館と敷地について、落札者の負担で体育館を解体することを条件に、市側がお金を支払うマイナス価格での入札を12月に実施する。買い手がつきにくい市有地を効率よく利活用するのが狙いで、実際に落札価格がマイナスとなれば全国初の事例になるという。

入札対象は1984年3月末に統廃合で廃校になった小学校の体育館とその敷…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]