スカイオの同一フロアに支店 りそな銀と近畿大阪銀

2018/11/19 16:20
保存
共有
印刷
その他

りそな銀行と近畿大阪銀行は19日、大阪市の大型複合ビル「なんばスカイオ」に両行の難波支店を移転・開業した。住宅ローンに特化した窓口をそれぞれ設け、りそな銀の支店には休日を含めて個人客の資産運用などの相談に応じる「セブンデイズプラザ なんば」を併設した。両行が同一フロアに支店を置くのは、大阪・梅田に続いて2カ所目となる。

近畿大阪銀は顧客が自由に利用できるスペースなどを用意した(大阪市)

支店の面積はあわせて約1850平方メートルで、社員食堂や更衣室などは共用にした。旧支店で3割だった顧客対応スペースの割合を5割に拡大。セミナールームを4カ所、個別相談に応じるブースを10カ所設けた。近畿大阪銀の支店は無料のWi-Fiを備え、顧客同士が自由に利用できるテーブルやロビーもある。

近畿大阪銀の中前公志社長は「キャッシュレス化が進むにつれ、(支店は)相談業務のウエートが高くなる。そこをにらんだ店舗にした」と話す。りそなグループの情報も駆使して「ビジネスマッチングやM&A(合併・買収)に力を入れたい」と意気込む。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]