/

フラッシュメモリー開発の舛岡氏に「本田賞」

本田財団は19日、優れた功績を残した科学者を表彰する「本田賞」を東北大名誉教授の舛岡富士雄博士に授与した。舛岡氏は複数セルのデータを一括して消去し、使用するトランジスタの数を大幅に削減して集積度を上げられる技術を開発。東芝に在籍していた1985年に「フラッシュメモリー」として発表したことで知られている。

IT(情報技術)機器の小型化・省電力化に貢献しており、自動車や家電、パソコン、スマートフォンなどで広く活用されている。39回目の授与式は同日、都内のホテルで開いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン