政界再編追った「無冠の仕事師」園田博之氏
編集委員 清水真人

政治アカデメイア
コラム(政治)
(1/3ページ)
2018/11/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

村山富市内閣の官房副長官、新党さきがけ幹事長などを務めた園田博之が逝った。享年76。自民党を二度離党し、政界再編の見果てぬ夢を追った。それもあって一度も閣僚にならなかったが、時の首相からしばしば調整力を高く買われた「無冠の仕事師」。晩年は財政・社会保障改革を政界再編の軸と思い定め、消費税率の10%への引き上げの道筋をつける裏方も担った。

■理想主義新党のリアリスト

「とにかくもう一度仕事がしたい。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]