/

この記事は会員限定です

大阪中央郵便局跡の開発、8年ぶり再開へ 劇場も計画

[有料会員限定]

日本郵政は大阪駅西側の大阪中央郵便局跡(大阪市)の再開発に向け、8年ぶりに大阪市と協議を再開した。リーマン・ショック後の2010年に事業を凍結していたが、焦点の劇場併設を維持して23年度開業を目指す。大阪駅北側の「うめきた2期」再開発の24年夏より先にテナントを誘致する戦略。堅調なオフィスビル需要を背景に、大型案件が再始動する。

日本郵政の中央郵便局跡は大阪駅に隣接し、共同事業者のJR西日本の保有地と合わせて敷地面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン