/

この記事は会員限定です

「ルノー筆頭株主を維持」仏政府、3社連合関係見直しで

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】日産自動車三菱自動車との連合関係の見直しが検討されるフランス自動車大手ルノーについて、パニエルナシェ仏経済・財務副大臣は「株主構成の中での仏政府の位置づけを変えるつもりはない」と述べた。仏政府はルノー株15%を持つ筆頭株主だが、連合関係見直し後も維持する考えを示した。経営への仏政府の影響が続くことになる。

日本経済新聞のインタビューに応じた。3社の連合関係見直しを巡り、仏政府がルノー筆頭株主にとど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン