2019年6月20日(木)

お菓子の定番、淘汰進む PBがコンビニ席巻

2018/11/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロングセラーといわれる定番商品に、淘汰の波が押し寄せている。森永製菓のチョコレート菓子「チョコフレーク」が2019年夏に生産を終了するほか、江崎グリコのガム「キスミント」は2月に生産を終えた。背景には、コンビニを中心に定番商品に似た無名のプライベートブランド(PB)商品が増えているほか、消費者の嗜好が多様化していることがある。長年親しまれたブランド名だけで商品が売れ続けることは難しくなった。

「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報