/

「支援者に心のケアを」 西日本豪雨で心理学シンポ

日本心理学会が18日、西日本豪雨に関するシンポジウムを広島市で開催した。ストレスケアを研究する筑波大の松井豊教授(社会心理学)らが、自治体職員らに今後、ストレス反応が現れる可能性があると指摘し「支援者の心のケアも怠らないで」と訴えた。

西日本豪雨に関するシンポジウムで講演する筑波大の松井豊教授(18日午後、広島市)=共同

松井教授は、悲惨な災害や事件、事故などの現場に直面した被災者が当時のことを何度も思い出して苦しむ「惨事ストレス」や、身近な人を亡くして生き残ったことに罪悪感や無力感を抱く心理について説明。救援や支援に当たった消防や警察、自治体職員の場合は、遅れて気分が落ち込むことがあるとした。

松井教授は「東日本大震災では発生からしばらくして自治体職員の退職が相次いだ。西日本豪雨の被災地でも同様のケースが起こり得るため、心のケアを怠らないでほしい」と強調した。

広島県教育委員会スクールカウンセラーの中原元気さんは、被災した子どもにみられる不眠や子ども返りはショックを受けた際の自然な反応と説明。過度に心配せず、安心して日常生活を送ることができる環境をつくるよう呼び掛けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン