中古品リユース大手、「中古」店舗で出店増 居抜き出店活用

2018/11/18 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中古品のリユース大手が「居抜き出店」で店舗拡大を進めている。カジュアル衣料品店や家電量販店などが撤退した物件を活用し出店コストを削減する狙い。ネット通販の普及で実店舗は苦戦するが、リユース各社は商品の買い取り拠点として出店を続ける。拡大する中古品需要を取り込むべく、コストを抑えて店舗展開を進める狙いだ。

グループで約190店を展開するトレジャー・ファクトリーは、2019年2月期の上期で9店舗全て…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]