成長モデルを再構築 ドコモはポイントで協業を拡大
スマートワーク経営調査

2018/11/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

残業時間の削減や柔軟な勤務体系といった「働き方改革」は、今年6月の関連法の成立もあってもはや一部の企業だけのものではなくなった。従来のワークフローを根本から見直し、有望な分野に経営資源を効率よく配分してイノベーションを巻き起こす。先進企業はスマートワークの取り組みを通して新たな成長モデルを構築しようとしている。

働き方の効率化や多様化にとどまらず、企業では次なる成長のためのイノベーションの創出が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]