/

ハーパーやマチャド、注目の大リーグFA選手

スポーツライター 杉浦大介

2018年の米大リーグはレッドソックスのワールドシリーズ制覇で幕を閉じ、ストーブリーグに突入している。この冬のフリーエージェント(FA)市場では誰が目玉になるのか。新たに日本選手のメジャーリーガーは誕生するのか。今オフの見どころをピックアップしていきたい。

ともに26歳、これから全盛期

FA市場で最も大きな注目を集めるのがブライス・ハーパー、マニー・マチャドの2人の野手だ。

18年はナショナルズで34本塁打、100打点を残したハーパー、オリオールズとドジャースで打率2割9分7厘、37本塁打、107打点を打ったマチャドはともに現在26歳。今まさに全盛期を迎えようとしている2人のスーパースターが、そろって移籍市場に出ることなどめったにない。特にハーパーは早くから18年オフのFA争奪戦の注目選手とされ、15年にナ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いたころには史上初の総額4億ドル(約450億円)の契約を手にすることも可能とみられていた。

ところが、けがで51試合を欠場した17年に続き、18年はシーズンの大半を2割台前半の低打率にあえぎ、ハーパーの市場価値はかなり下がった感じがある。それでも資金力豊かなチームが興味を持つはずだが、4億ドルどころか、14年にジャンカルロ・スタントン(現ヤンキース)がマーリンズと結んだ13年総額3億2500万ドルの史上最高額契約を上回ることもおそらくないだろう。

一方、18年に自己最多タイの本塁打数をマークしたマチャドは、よいタイミングでFA市場に出るようにみえる。三塁、遊撃という重要なポジションを守れるのも大きい。ただ、今夏のトレード期限にドジャース移籍以降は66試合で打率2割7分3厘と成績が下降。また、プレーオフ中にも「ハッスルプレーは自分のスタイルではない」と発言したり、走塁時に一塁手のかかとを踏もうとしたり、イメージがすっかり悪くなったのもマイナス材料だ。

こうした背景で迎える18年オフ、ハーパーとマチャドはそれぞれどのチームから、どんな契約を受け取るのか。米スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」(電子版)は、ハーパーが最も合うのはヤンキース、マチャドはフィリーズと指摘。ただ、ハーパー争奪戦はドジャース、フィリーズ、カブス、ホワイトソックスなども候補になりそうで、ナショナルズ残留もありえない話ではない。マチャドにはヤンキースも触手を伸ばす可能性がささやかれている。とにかく様々な方向性が考えられるだけに、しばらくはこの2人の一挙手一投足から目が離せない。

先発投手では目玉になる可能性があったクレイトン・カーショーが早々にドジャースと再契約し、市場に出ているほかの先発投手はビッグネームぞろいとはいえない。最高値がつきそうなのは18年に11勝7敗、防御率3.15という好成績を残した29歳の左腕パトリック・コービン、レッドソックスの一員としてプレーオフで評価を上げた28歳のネイサン・イオバルディか。なかでもニューヨーク出身のコービンは先発が必要なヤンキースと相思相愛といわれ、早い時期に移籍決定するかもしれない。また、ダラス・カイケル、チャーリー・モートンというアストロズ勢、安定感抜群のJA・ハップといったベテランも複数年契約を得るだろう。

救援投手、先発よりも層厚く

FAの救援投手陣は先発よりも層が厚い。レッドソックスの抑えとして名を売ったクレイグ・キンブレルをはじめ、アンドリュー・ミラー、ザック・ブリットン、デビッド・ロバートソン、ケビン・ヘレーラといったクローザーレベルがずらり。近年の大リーグではブルペンへの比重が増すばかりだけに、今オフも注目度は高い。キンブレルはレッドソックス残留が濃厚とみられているが、ほかのビッグネームの動向も興味深い。

最後になるが、ポスティングシステムを通じてプロ野球西武から大リーグ入りを目指す菊池雄星が高い評価を得ている。スポーツ専門局ESPNのFA選手ランキングで15位、大リーグ機構(MLB)の公式ホームページ「MLB.COM」では11位。18年にブルージェイズ、ヤンキースで合計17勝を挙げた左腕ハップよりも菊池が上位に位置づけており、大リーグ関係者は先発ローテーションの2、3番手が務まる素材とみているのだろう。

大リーグ関係者は菊池を先発ローテーションの2、3番手が務まる素材とみているようだ=共同

17年の菊池は187回2/3を投げて防御率1.97、217奪三振という自己最高の成績を残したことが高評価の要因か。また、田中将大や前田健太、ダルビッシュ有、大谷翔平ら多くの先発投手が大リーグで好成績を残し、日本投手全体が依然として重宝されていることも大きいだろう。「MLB.COM」はレンジャーズ、ドジャース、ヤンキース、マリナーズ、フィリーズ、パドレスが菊池獲得の候補として挙げており、争奪戦となる可能性は高い。

もっとも、米国内の各媒体は菊池の過去の故障歴にも言及している。ESPNは「故障による離脱があり得ることも考えておかなければならない」と指摘。そういった不安要素を考えれば、27歳の菊池に最終的にどのような価値がつくかを予想するのは容易ではなさそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン