モルディブ新大統領が就任、対中依存見直しへ

2018/11/17 23:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューデリー=黒沼勇史】インド洋の島国モルディブで17日、9月の大統領選で野党統一候補として勝利したモルディブ民主党(MDP)のイブラヒム・モハメド・ソリ氏が大統領に就任した。過去5年のアブドラ・ヤミーン前大統領時代に進んだ経済の対中依存を見直しを掲げる。30億ドル(約3400億円)ともされる対中債務の圧縮をめざす。

ソリ新大統領は17日夕、大統領宣誓式に臨んだ。インドからはモディ首相が初訪問…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]