/

太平洋クロマグロで漁獲配分案 大型魚は青森が最大

水産庁は太平洋クロマグロの漁獲規制について、次の漁期の方針案を公表した。都道府県別に漁獲枠を設定する沿岸漁業では、小型魚(30キログラム未満)は1880トン、大型魚(30キログラム以上)が1571トンの計3451トンを39の都道府県に配分する。小型魚は長崎県が最も多く681トン、大型魚は青森県が最も多く460トンだった。

配分案は30日間のパブリックコメントを経て最終的に決める。沿岸漁業の次の漁期は2019年4月から20年3月まで。マグロの来遊状況に応じて、都道府県間で漁獲枠の融通を促す仕組みも検討するとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン