兄弟対立で財閥分割 最近は融和も
過去にはタタ超え

2018/11/16 22:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リライアンス財閥はムケシュ・アンバニ氏の父が始めた貿易が祖業。その後に織物や化学繊維、石油化学、石油精製へと事業を広げ、通信、金融などにも進出した。2000年ごろには現在の売上高で10兆円を超える最大財閥タタ・グループをしのぐ規模になった。

だが02年に創業者が亡くなると、息子2人が相続を巡って対立し、2人で事業を分け合うことになった。リライアンス・インダストリーズ(RIL)は石油・石化事業や繊…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]