日ロ領土問題、思惑にずれ

2018/11/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は1956年の日ソ共同宣言を基礎にロシアのプーチン大統領と日ロ平和条約の交渉を加速させる。「引き渡し」「返還」「帰属」「主権」。これらの言葉は日ロの思惑を映し、交渉の行方を左右する。

■「引き渡し」に意図

プーチン氏は15日の記者会見で56年宣言について「(歯舞群島と色丹島が)どちらの主権になるかは明記されていない」と述べた。56年宣言にある「引き渡し」には主権の意味を含んでいないとの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]