「印度じゃないよ、印西市」 市が移住促進でPR動画

2018/11/16 22:00
保存
共有
印刷
その他

印度じゃないよ、印西市――。千葉県印西市はインド映画をイメージしたPR動画を製作し、16日から動画投稿サイト「ユーチューブ」などで配信を始めた。インド音楽にのせて120人の市民が踊ったり、市内の名所を紹介したりする内容で「市の認知度を高め、移住促進を図りたい」(シティプロモーション課)という。

印西市が製作したPR動画の一コマ

ストーリーは主人公のインド人が「印度」と間違え、「印西」を訪れたという設定。最初は戸惑いつつも、市内のショッピングモールや牧の原公園、千葉ニュータウン中央駅などを回って市民とダンスを楽しむうちに、印西市の魅力に気づいていく。

印西市は若いファミリー層を中心に移住者が増えており、5月に人口10万人を突破した。「インド映画風の動画製作は自治体では初めて」(同課)といい、話題性を武器に移住希望者の注目をさらに集めたい考えだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]