/

この記事は会員限定です

高知ジビエ もっと身近に、官民が智恵絞る 県庁食堂フェアなど

[有料会員限定]

高知県の官民がジビエ(野生鳥獣肉)の消費拡大に向けて知恵を絞っている。高知県は県庁食堂で運営事業者と協力し、シカ肉メニューの提供を始めた。ジビエ料理の専門家が「利き肉」クイズ付き弁当を商品化したり、高知大学の学生企業が特産ワインとジビエを一体でPRしたりする。捕獲量が増加するなかで、アイデアを生かして出口の消費拡大に取り組む。

県庁本庁舎の地下食堂で15日、「高知家の鹿ダブル丼」の販売が始まった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン