新潟県長岡市の山間部で自動運転の実験

2018/11/16 23:00
保存
共有
印刷
その他

国土交通省は2019年3月までに、新潟県長岡市の山間部で車の自動運転の実証実験を始める。山古志地域を走る約3キロメートルの道路を自動運転用に整備し、地域住民らを乗せて走行する。実証実験の期間は1週間。公共施設や観光地への送迎、弁当配達などでの利用を想定する。

国交省では17年9月から高齢化が進行する山間地で自動運転の実証実験をしている。これまで13カ所で実施し、新潟県では今回が初めて。16日に県や長岡市などが参画する地域実験協議会が発足した。

「やまこし復興交流館おらたる」を拠点とし、往復3キロメートルを走行する。一般道路に電磁誘導線を埋め込み、その線を認識しながら走行する仕組み。12月中にも整備のための工事を始める。

走行するのはゴルフカート型の車で、6~7人を乗せることができる。車に搭載したカメラで障害物や一般車両を検知すると、自動停止する。実証実験中は安全性を確保するため、運転手も同乗する。

停車所は協議会で決めるが、弁当の宅配や観光客の送迎のほか、高齢者を診療所に送迎するなど住民生活に密着した利用法を想定する。国交省は全国の自治体での実証実験を進め、20年までの実用化を目指している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]