/

「杉原千畝は命の恩人」 ビザ受けた男性が岐阜訪問

第2次世界大戦中に多くのユダヤ人を救った外交官、杉原千畝が発給した「命のビザ」で日本に渡ったイスラエル人の男性が16日、岐阜県八百津町を訪れた。小学生との交流会で「杉原は命の恩人。多くの人に彼のことを知ってもらいたい」と訴え掛けた。

八百津町は杉原の出身地とされる。訪れたのはベルティ・フランケルさん(80)や家族ら計7人。フランケルさんはポーランド生まれで、ナチス・ドイツから逃れるため、リトアニアの日本大使館でビザ発給を受け、日本を経由しニュージーランドに向かった。1969年にイスラエルに移民した。

同町では金子政則町長を表敬訪問した後、杉原をテーマに制作され地元の小学生が演じる劇を見学した。

杉原千畝記念館にも立ち寄り、展示の説明を熱心に聞きながら「ビザが発給されなかったら、一緒に来日した息子も孫もいなかっただろう」と感慨深げに話した。

21日まで日本に滞在し、ユダヤ人難民が上陸した福井県敦賀市などを訪問する。杉原とゆかりのある名古屋市や八百津町など4県6市町村でつくる「杉原千畝ルート推進協議会」が招待した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン