/

この記事は会員限定です

科研費100年、日本の科学支援 ノーベル賞受賞者も

[有料会員限定]

基礎から応用まで幅広い学術研究を支える科学研究費助成事業(科研費)が、2018年に創設から100年を迎えた。日本社会の発展とともに制度は移り変わり、科研費を使った研究者の中からはノーベル賞受賞者も誕生した。日本の科学技術力はこのところ低迷気味。科研費の役割を見直す動きも出てきて、改革を模索している。

「途切れることなく支援していただいた。非常に感謝している」(梶田隆章東京大学卓越教授)

「研究の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1612文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン