/

この記事は会員限定です

東電、再生エネ余剰時に割安供給 夜間電力より安く

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)は太陽光発電など再生可能エネルギーの発電量が余る時に、売電先の工場に対し割安に電気を供給する仕組みを導入した。まずAGC(旧旭硝子)など3社と契約し、電力余剰時に素材の増産を要請し電力消費を促す。電力の需給バランスを調整する新たな手法として、再生エネの有効活用につなげる。

太陽光発電は日照などによって発電量にばらつきがある。電気は発電量と使用量が一致しないと停電発生のリスクがあり、九州電力は今秋、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン