/

この記事は会員限定です

ゲリラ豪雨を予測 地デジ電波で予兆捉える

[有料会員限定]

防災科学技術研究所や情報通信研究機構は地上デジタル放送(地デジ)の電波を使い、大量の雨が急に降る局地的な豪雨を精度よく予測する技術を開発した。雨のもとになる水蒸気の変化を観測し、雲が発生する前に豪雨の予兆をとらえる。既存のインフラを活用できるため、網目のような観測体制を築きやすい。2020年をメドに関東地方での導入を目指す。

7月の西日本豪雨は海から大量の水蒸気が西日本に流入して起きた。水分子は蒸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン