/

この記事は会員限定です

円の国際化、大いなる幻想 バブル崩壊で頓挫

[有料会員限定]
<訂正> キーワード「外貨準備」の記事で、スイスの外貨準備高が760億ドルとあったのは7600億ドルの誤りでした。
 米国に次ぐ世界第2位の経済大国になり、ジャパン・マネーが世界を駆け巡った平成初期。円が世界の資本・貿易取引に使われ、基軸通貨ドルに匹敵する国際通貨になる。日本にはそんな野望があった。そしてその夢はあえなくついえた。

 「通貨マフィア」と称される通貨外交の黒子の財務省財務官。昭和から平成に元号がかわり、バブル経済絶頂期の1989年にその職に就いた内海孚氏は、ソニーの盛田昭夫会長(当時)との会話を今も鮮明に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン