/

この記事は会員限定です

公共性確保で信頼増す 私大版ガバナンスコード策定

水戸英則・二松学舎大学理事長

[有料会員限定]

日本私立大学協会が独自の「ガバナンスコード」を策定し、会員大学のガバナンス改革推進に力を入れている。協会の常務理事を務める水戸英則・二松学舎大学理事長に寄稿してもらった。

少子化の進展や第4次産業革命の到来など、大学の経営環境は厳しさを増す一方である。こうした時代だからこそ、私立大学はガバナンス改革に取り組まなくてはならない。眼前の激流を乗り越え、社会から一層の信頼を得るために、法人・教学ガバナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン