公共性確保で信頼増す 私大版ガバナンスコード策定
水戸英則・二松学舎大学理事長

大学
2018/11/19 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本私立大学協会が独自の「ガバナンスコード」を策定し、会員大学のガバナンス改革推進に力を入れている。協会の常務理事を務める水戸英則・二松学舎大学理事長に寄稿してもらった。

少子化の進展や第4次産業革命の到来など、大学の経営環境は厳しさを増す一方である。こうした時代だからこそ、私立大学はガバナンス改革に取り組まなくてはならない。眼前の激流を乗り越え、社会から一層の信頼を得るために、法人・教学ガバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]