[FT]メキシコ次期大統領、国民と市場の要望で板挟み

FT
(1/2ページ)
2018/11/19 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「メキシコへの投資残高を大幅に減らし、とても慎重になっている」。中南米第2位の経済大国であるメキシコに数十億ドル投資しているファンドの運用責任者は、こう言ってため息をついた。

おじけづいているのは彼一人ではない。アンドレス・ロペスオブラドール氏が選挙で歴史的な勝利を収め、国民が抱く汚職への嫌悪感と変化への欲求をうまく利用してから5カ月近くたった今、通貨ペソは5カ月ぶりの安値をつけ、国債を保有する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]