55歳からの投資戦略 利回り3%で96歳まで資産延命

(1/2ページ)
2018/11/17 18:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長寿化に伴い老後の期間が長くなり、資産運用によって家計を保つ必要性が増している。定年を迎えて退職一時金を手にすると、どう運用してよいかわからず戸惑いがち。50代のうちから投資の基礎を身につけ、退職金や老後資金の運用に備えたい。リスク分散の考え方や商品選びなど投資の基本をまとめた。

■「早めに運用経験を」

「資産を長持ちさせるためには55歳前後の頃から時間をかけて運用することが大切」。ファイナンシャ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]