2019年1月17日(木)

地域包括ケアとは 医療や介護、在宅を中心に
きょうのことば

漂流する社会保障
経済
地域総合
2018/11/26 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼地域包括ケア 高齢者が要介護状態になっても住み慣れた地域で生活を続けることができる仕組み。亡くなるまで病院で過ごすことが多い従来型の医療体制を転換し、2025年をメドに、自宅などで必要な医療・介護サービスを受けられる体制づくりをめざす。社会保障制度改革国民会議が13年に提言した。

25年には団塊の世代が75歳以上になり、国民の5人に1人が後期高齢者になる。医療や介護の需要が増す一方、医療機関のベッド数の大幅増は見込みにくい。施設を中心とした医療のあり方では、必要なサービスを高齢者に提供できなくなる懸念がある。「地域完結型」を後押しする仕組みとしては、24時間対応の新しい在宅介護サービスが06年に導入された。

国が地域包括ケアの構築を急ぐのは、不要な入院や施設入所を減らし、社会保障費の増加を抑える狙いもある。高齢化の進展により、年40兆円規模の医療費はさらに膨らむ見通しだ。各都道府県や市区町村は医療計画や介護保険事業計画で、在宅医療・介護の推進を打ち出しているが、目標通りに整備が進んでいる自治体は多くない。

【関連記事】
単身高齢者、三大都市圏で1割超え 財政圧迫の懸念
在宅ケア、まわらぬ現場 「切り札」機能せず赤字続き
入院患者の3割、「自宅から通院」希望 厚労省調査
介護大手ソラスト、買収で狙う地域包括ケア拡充
学研が介護大手買収、認知症「5人に1人」時代へ布石

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報