時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,723,504億円
  • 東証2部 69,205億円
  • ジャスダック 102,338億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.29倍 --
株価収益率21.46倍27.34倍
株式益回り4.65%3.65%
配当利回り1.84% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,787.54 +353.92
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,800 +340

[PR]

スクランブル

フォローする

アップル弱気相場入り、崩れる投資の成功方程式
証券部 関口慶太

2018/11/16 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ハイテク株主導で上昇してきた世界の株式相場が不安定な値動きを続けている。16日の東京株式市場では、画像処理半導体(GPU)のエヌビディアと半導体製造装置のアプライドマテリアルズ決算を受けて、東京エレクトロンなど半導体関連株が急落した。なかでも注目を集めているのが、時価総額世界1位のアップルの株価。10月につけた高値から一時、約2割下落し、弱気相場入りとの見方が浮上している。

「典型的な逆回転」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場と投資を読み解く

16日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム