2019年6月17日(月)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

アメフト立命・関学大 18日激突 リーグV懸ける
決戦へ手の内隠す神経戦

2018/11/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

アメリカンフットボールの関西学生リーグは最終節の18日、互いに無敗の立命大(6勝)と関学大(5勝1分け)が激突する。勝った方が優勝という構図は昨季と同じだが、関学大と引き分けて1敗で追う関大にも、大学日本一を決める甲子園ボウル出場の可能性は残る。最終節の3校の勝負の行方から目が離せない。

甲子園ボウルへの出場をかけた西日本代表校決定戦は、2016年から関西学生リーグ2位にもトーナメント出場資格が与えられ、リーグ優勝を逃したチームが"下克上"で甲子園に進む可能性が生まれた。

昨季は立命大が関学大との全勝対決を制してリーグ王者に輝いたが、西日本代表校決定戦の決勝で関学大に敗れ、甲子園ボウル出場を逃した。そこで浮き彫りになったのは、高度な情報戦という側面のあるアメフトで、実力が拮抗する相手に2度続けて勝つのがいかに難しいかということだ。

相手の戦略、戦術を徹底的に分析し、裏をかく勝負手を仕込むことに血道を上げつつ、連勝を見据えてリーグ戦では手札をさらしすぎないのが肝要。一方で「出し惜しみをして勝てる相手ではない」(立命大の古橋由一郎監督)というジレンマもある。見る方は好ゲームを2度楽しめるが、やる方の苦労は2倍では済まない。

関大戦の関学大はQB奥野(中央)の冷静さが光った(4日)

関大戦の関学大はQB奥野(中央)の冷静さが光った(4日)

そうした神経戦の影響は前節でも垣間見えた。立命大は3日の京大戦で先制TDを許したものの、24-7で逆転勝ち。関学大は4日の関大戦で終盤にリードされながらも、2年生QBの奥野耕世が残り5秒で起死回生のTDパスを決めて、かろうじて19-19の引き分けに持ち込んだ。ただし、両校とも最終節の決戦を控え、プレー選択の幅を狭めていた印象がある。あるいは手の内を隠したいが故の覚悟の苦戦だったか。

それでも、立命大はQB荒木優也がパスで抜群の安定感を発揮し、2年生のエースRB立川玄明も2TDランを決めた。関学大はシーズン序盤に日大の悪質タックル問題の渦中にいたQB奥野が、ラスト2分から冷静さを保ってパスで攻めきり、その際立つ才能を示した。

逆転での関西リーグ制覇を目指す関学大は攻守にミスが目立ち、現状ではやや劣勢か。鳥内秀晃監督は「立命は昨年の悔しさがあり、まずモチベーションが違う。このままでは勝てない」と奮起を促す。負ければ関大と同率2位で並び、西日本代表校決定戦への出場が抽選となる可能性もある。関学大にとっても正念場の戦いだ。

(影井幹夫)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
9日の初練習では実戦形式で戦術も確認(左端が今野)

 男子プロバスケットボール、Bリーグの大阪エヴェッサが4月初旬、3人制のチーム、EVESSA.EXE(エヴェッサ ドット エグゼ)を発足させた。5月~9月に開催される3人制のプロリーグ、3×3.EXE …続き (5/19)

大体大は相沢(背番号5)らの活躍で社会人を苦しめた

 番狂わせは常に見る者の興奮を呼ぶ。今年の箱根駅伝は総合5連覇を狙った青学大が2位。往路を制した東洋大、逆転で初の総合優勝を果たした東海大という“伏兵”の奮闘と、王者のまさかの苦戦が歴代最高の平均視聴 …続き (1/13)

関大戦の関学大はQB奥野(中央)の冷静さが光った(4日)

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは最終節の18日、互いに無敗の立命大(6勝)と関学大(5勝1分け)が激突する。勝った方が優勝という構図は昨季と同じだが、関学大と引き分けて1敗で追う関大にも、大 …続き (2018/11/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]