AIで睡眠障害の診断支援 スイミン7億円調達

2018/11/16 12:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を活用した睡眠検査サービスを開発するS'UIMIN(スイミン、茨城県つくば市)はスパークス・グループが運営する「未来創生ファンド」から7億円を調達した。調達資金を使って患者の負担を抑えて睡眠データを計測できる脳波計や解析ソフトウエアを開発。2020年までに医療機関向けに睡眠障害の診断支援サービスを始める。

スイミンは17年10月に発足した筑波大学発のスタートアップ。筑波大学国際統…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]