/

ソニー、ゲーム見本市「E3」に参加せず

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は16日、米国で開かれる世界最大級のゲーム見本市「E3」に2019年は参加しないと発表した。現時点でE3の期間に別会場でプレスカンファレンスや展示会を開く予定もないという。

E3はソニー任天堂など数百社のゲーム機メーカーやソフトメーカーなどが出展し、ゲーム業界で最大の新作発表の場でもあった。従来は業界関係者のみだったが、17年から一般客にも公開するようになり、今年は過去最高の6万9200人が来場した。

不参加の理由について、「ユーザーも業界も変化しており、ユーザーとのエンゲージメントを強化するため」(SIE広報)という。現時点で新作などをどのような場で発表するかなどは明らかにしていない。

ソニーは例年、E3に最大規模のスペースで出展しており、開幕前には新作ゲームの発表会を報道関係者向けに開いていた。家庭用ゲーム機の「プレイステーション(PS)3」や「PS4」などをE3で発表するなど重要視してきた。一方、「Xbox」を展開する米マイクロソフトやゲーム大手の米エレクトロニック・アーツ(EA)はE3の会期中に別の会場で独自の展示会を開いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン