在宅ケア、まわらぬ現場 「切り札」機能せず赤字続き
漂流する社会保障 NIKKEI Investigation

2018/11/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

一人暮らしの高齢者が急増する中、在宅の介護や家事援助を通じて自立を支える「地域包括ケアシステム」が欠かせない。だが、横浜市など単身高齢者が急増している10市の主な生活密着型サービスを調べると、大半で利用者数が計画比4~8割台にとどまっていた。人手不足や採算性の低さから事業者が利用者を増やせない実態や、制度が抱える課題が浮かんできた。

【関連記事】単身高齢者、三大都市圏で1割超え 財政圧迫の懸念

■撤

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]